眼精疲労

視力が悪くなると今まで普通に見えていたものがぼやけて見えてきます。そうすると目を凝らして見ようとしますので、眉間にしわがよるなどいつもと違う力を使うようになってしまうのです。たとえ、それがわずかな力でも何回も同じようなことを繰り返すとそれが大きな疲労となって現れます。逆に遠視や老眼になった場合は、近くのものが見えにくくなるので遠くに離して見なくてはいけないのでそれも疲労となって現れるのです。その疲労をまとめて眼精疲労と呼んでいます。この症状が実は肩こりなど体の様々な諸症状を誘因しています。心当たりのある方は是非港区芝にある上松整骨院までお越しください。

肩こりなども誘発します

眼精疲労はものを見ようとするために力が入ることで起こる疾患です。この症状を緩和させるための医薬品も販売されているので服用している方もいることでしょう。いっぽうでこのような症状は一時的に薬の服用で抑えることができたとしてもその場しのぎになってしまうことが多く、状況によっては慢性化させてしまう恐れもあります。目を駆使することは仕事中に起こりやすく、それは同じ姿勢を長時間続けていることが原因であい、それによって肩こりを誘発してしまうのです。

体のバランスとマッサージで改善できます

眼精疲労は体のバランスが悪くなることで姿勢の悪化を招くことで起こります。ですから、骨盤のゆがみや背骨の矯正を行なうことで姿勢を正し、長時間の勤務も楽々こなせるようにします。そうすることで目の疲れを抑えることができますし、肩こりになることも防ぐことができます。目の疲れが起こりやすい人はマッサージを行ないますので、港区芝にある上松整骨院にお任せください。

当院へのアクセス情報

上松整骨院

所在地〒108-0014 東京都港区芝5丁目23-12
予約予約優先制とさせていただいております。
電話番号03-6435-0975
休診日日曜・祝祭日
院長上松 勇太